スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設 「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談した。北沢氏は「分散移転でいろいろな案を考えている。沖縄の負担が実感として減ったというものを作りあげたい」と述べた。米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合への移設案に加え、訓練や基地機能の一部を徳之島(鹿児島)など県外に移転する案を組み合わせる考えを示したものだ。また会談で北沢氏は、シュワブ沿岸部へ移設する現行計画について「極めてゼロに近くなってきた」と述べ、事実上断念することになるとの見通しを表明した。

 北沢氏は知事に対し、シュワブ陸上部に500メートル級の滑走路を移設する案を説明した。県幹部は「分散移転は暫定的な措置だ。普天間の機能は当面残ると思う」と指摘した。

 会談後、北沢氏は記者団に分散移転の時期について「全部片付いたら普天間から移設ということでなく、徐々に地域も分散する」と述べ、移転可能な部分から速やかに進める考えを明らかにした。

 岡田克也外相は同日朝、東京都内の外務省飯倉公館でルース駐日米大使と会談。(1)シュワブ陸上案に500メートル級滑走路を建設(2)ホワイトビーチ沖合の2案に分散移転を組み合わせる考えを伝えたとみられる。【三森輝久、仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:県内2案提示へ 一部「県外」とセット
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
10年度予算:今夕に成立…参院委可決
普天間移設:「県外あきらめていない」…参院委で首相

群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)
<九州自動車道>自転車で疾走1.5キロ…大学生が誤進入(毎日新聞)
31日に党首討論決定(時事通信)
「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯-法務省(時事通信)
スポンサーサイト

元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)

 福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手に計約3億4800万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日午前、福岡地裁(高野裕裁判長)であった。今林被告側は「事故原因は飲酒ではなく脇見で、被害者側にも過失があった」などとして請求棄却を求めた。
 訴えでは、今林被告のほか、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、事故や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する慰謝料などを請求。飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めた。
 答弁書によると、今林被告は「飲酒により正常な運転が困難な状態ではなかった」と主張。知人男性も「人身事故とは認識していなかった」などとしている。 

【関連ニュース】
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
旧特定局長を経営幹部に=郵政再編で-亀井担当相(時事通信)
「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)
奈良5歳男児餓死 両親を起訴 「認否」は明かさず(産経新聞)
【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)

伊能忠敬の測量器具、国宝に…文化審答申(読売新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は19日、奈良時代の東大寺領荘園を描いた絵図「越中国射水郡(いみずぐん)鳴門村墾田図(麻布)天平宝字三年十一月十四日」や、江戸時代後期の測量家・伊能忠敬(1745~1818年)が制作した地図や測量器具などを含む「伊能忠敬関係資料」の2件を国宝に、歴史画を得意とした日本画家・前田青邨(せいそん)(1885~1977年)が描いた「洞窟(どうくつ)の頼朝」など38件を重要文化財に指定するよう文部科学相に答申した。

 また、高知県安芸市にある三菱創業者・岩崎彌太郎(やたろう)(1835~85年)の生家「岩崎家住宅主屋」など21都府県にある139件(52か所)の建造物と美術工芸品1件を登録有形文化財に登録するよう答申した。

 「越中国射水郡鳴門村墾田図」は、現在の富山県高岡市にあった東大寺領の荘園の土地開発状況を詳細に記した絵図で、759年に作成された。正倉院宝物の絵図と比べても保存状態が良好で、作成当初の状態を残している。

 「伊能忠敬関係資料」は、全国を高い精度で測量し、正確な地図を作成、国土の形状を明らかにした伊能忠敬の事績に関する2345点の資料群。

「トルコ建国の父」の銅像移転=野ざらし批判、修復され和歌山に(時事通信)
<センバツ>第1日(21日)の見どころ(毎日新聞)
三崎事件 血痕のDNA型鑑識へ(産経新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)

<お別れの会>村松巌さん=4月5日、仙台勝山館で(毎日新聞)

 村松巌さんのお別れの会=元七十七銀行頭取・11日死去=4月5日正午、仙台市青葉区上杉2の1の50の仙台勝山館。主催は七十七銀行。喪主は妻信子(のぶこ)さん。

<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
<普天間移設>政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
<訃報>中野寛孝さん90歳=アイカ工業元社長(毎日新聞)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)

「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長を批判した生方幸夫副幹事長が18日、解任に追い込まれたことは、結束を乱す不満分子は許さないという同党執行部の強権的な姿勢を強く印象づけた。

 鳩山首相が「民主党らしさ」をキーワードに政権浮揚を図ろうとしていた中での解任劇に、党内からは「言論の自由もない」と批判の声が上がっている。小沢氏ら執行部と反執行部の党内対立が激化することは必至の情勢だ。

 生方氏の解任について鳩山首相は18日夜、記者団から「言論の自由を封じる形は民主党らしくないとの声がある」と問われると、「レベルが違う議論だ。執行部に対する批判はあっていい。ただ、党の中では一切話をしないで、メディアに向かってされることは潔いのかどうかという議論だ」と述べ、党の対応に理解を示した。

 生方氏は衆院千葉6区選出で当選4回。読売新聞記者出身で、経済評論家として著書も多い。党内では横路衆院議長に近い。問題とされたのは、17日付産経新聞のインタビューで、生方氏が党運営を中央集権的と批判し、「鳩山さんは小沢さんを呼んできちんと注意してほしい」などと求めたことだ。

 高嶋良充筆頭副幹事長は18日、生方氏を党本部に呼んで副幹事長を辞任するよう求めたが、生方氏は「普通のことをしゃべっているのに辞めろというのは、党内に言論の自由がないということだ。情けない」と反発。高嶋氏は「議論する場がいっぱいある。なぜそこで言わないのか」と指摘したが、生方氏は「(処分するなら)正式に倫理委員会にかけてください」と求め、平行線に終わった。

 高嶋氏は会談後、生方氏以外の副幹事長を集め、副幹事長会議として交代を求める方針を確認。小沢氏と電話で対応を協議した。小沢氏は「そこまでする必要はないのではないか」と語ったが、高嶋氏が説得したという。

 高嶋氏は記者団に「放置しておくと党の求心力や他の議員の意欲がそがれる。解任ではなく、役職の交代だ」と強調した。

 高嶋氏の強硬姿勢の背景について「生方氏が呼びかけた政調復活を求める会合に41人が集まったことで、党運営批判の高まりに焦りを感じたのではないか」との見方がある。生方氏の行動について、輿石東参院議員会長が「幹事長室にいる人が、いかがなものか」と批判するなど党執行部としては、災いの芽を早めに摘もうとする姿勢が見られた。

 小沢氏に距離を置く議員からは公然と批判の声が上がっている。

 枝野行政刷新相は18日の記者会見で「生方氏が何か問題のあるようなことを言ったことが最近あるとは認識していない」と語った。野田佳彦財務副大臣も記者会見で「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは極めてよろしくない。もっと自由闊達(かったつ)に感想や意見を述べてしかるべきで、闊達に意見を言う文化を持ってきたのが民主党の魅力だった」と党の対応に疑問を呈した。若手衆院議員は「これでは北朝鮮と同じだ。言論封殺の党と思われる」と語った。

 民主党の規約では、副幹事長は幹事長が選任すると規定されているが、解任などの手続きは明記されていない。生方氏は18日夜、党の対応について「幹事長を批判したから更迭というのは民主主義の原則を無視した行為で、国民は納得しない。副幹事長交代は承服しておらず、異議を申し立てたい」と語った。小沢氏の進退についても「国民が納得しなければ、幹事長を辞めるのが当たり前だというのが党内の多数派だ」と指摘した。

第二京阪、20日に全面開通 名神、国道1号の渋滞解消に期待(産経新聞)
大学生の「就業力」アップ、国が5年計画(読売新聞)
ミキティらブログのID流出 ホリプロの元契約社員を逮捕(産経新聞)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)
渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)

5歳餓死「イライラした時殴った」父も虐待認める(読売新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹ちゃん(5)餓死事件で、父親の会社員博容疑者(35)(保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)が、県警の調べに「智樹を殴ったことがある」と、虐待を認める供述をしていることがわかった。

 捜査関係者によると、博容疑者は約3年前から、借金問題などで夫婦仲が冷え込んだと説明。逮捕当初は、「妻に負い目があり、智樹に構うと夫婦げんかになるので、食事を与えられていなくても、見て見ぬふりをしていた」と直接的な暴行は否定していた。だが、最近になって、「3年前頃から、イライラしたりした時に手を出した。これまで10回くらい殴るなどした」と虐待を認め始めたという。

 母親の真朱(まみ)容疑者(26)(同)は、智樹ちゃんが食事をとれず、寝たきり状態になった今年2月末頃、「死ぬかもしれないと思った」と供述。県警は死亡する危険性を認識しながら放置したのは未必の故意に当たる可能性があるとして、殺人容疑でも慎重に捜査している。

 博容疑者は「やせ細っていくのは気づいていたが、死ぬほどの危険があったとはわからなかった」と話しているという。

民家全焼1人死亡 千葉・市原(産経新聞)
<国会改革法案>年度内成立を断念 与党3党(毎日新聞)
「文芸春秋」で名誉棄損、外務副大臣が提訴(読売新聞)
<公金横領>詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋(毎日新聞)
「非核三原則」佐藤元首相が後悔…公開メモ(読売新聞)

「情報ダイヤル」を廃止=名称誤解され、機能せず-消費者庁(時事通信)

 消費者庁は10日、食品偽装や製品事故の通報や告発を受け付ける「消費者情報ダイヤル」を3月末で廃止すると発表した。
 同ダイヤルは食品の産地偽装や悪徳商法などに対する行政処分の端緒をつかむため、内部告発などの受付先として想定し、昨年9月、専門の相談員約40人を抱えて発足した。
 しかし、消費者相談用の「消費者ホットライン」の稼働が遅れたことや、「情報ダイヤル」という名称が誤解を招いたこともあって、個人の相談やクレームが大半を占め、機能しなかった。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕揺らぐ食品への信頼
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害
タケノコ産地偽装でまた逮捕=京都市の食品会社社長
リコール中の三洋テレビで重傷事故=持ち手外れ落下、58件

B型肝炎訴訟 札幌地裁が和解勧告 全国で初(毎日新聞)
【from Editor】世紀を超えるエネルギー(産経新聞)
鳩山邦夫氏との連携考えず=民主党の小沢氏(時事通信)
自殺防止「雇用対策の充実を」=鳩山首相(時事通信)
医師と患者手助け 人体そっくり模型 シリコーン研究 強度の欠点克服(産経新聞)

感染症対策「国際社会一つに」=皇太子さま、野口英世シンポで(時事通信)

 【アクラ時事】アフリカ・ガーナ訪問中の皇太子さまは9日午前(日本時間同日夜)、首都アクラで行われた野口英世アフリカ賞の記念シンポジウムに出席し英語でスピーチされた。皇太子さまは、アフリカの感染症問題について「国際社会が一つになって、こうした深刻な問題に行動を起こしていくことが求められています」と話した。
 皇太子さまは、アフリカは21世紀に入ってもマラリアやエイズといった感染症が世界で最も深刻な地域だとし、「アフリカの感染症と闘っている医学研究者や医学従事者の皆さんが、改めてそれぞれの活動に励まれることを心より期待しております」と述べた。 

<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)
奈良県警の警部補「組長から250万借りた」(読売新聞)
AKB48の小道具盗む=容疑で高校生ら3人逮捕-ドラマ撮影現場侵入・警視庁(時事通信)
サリドマイド奇形 メカニズムを解明 東工大など(産経新聞)
内閣改造発言に官房長官が不快感=菅氏「不要」、前原氏は「首相判断」(時事通信)

「暴れん坊将軍の悪代官に影響された」… 建設会社に「小判」要求した山口組系組幹部を逮捕 警視庁(産経新聞)

 「浅草花やしき」(東京都台東区)のお化け屋敷解体工事を巡り、騒音の迷惑料名目で現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁浅草署は10日、恐喝未遂の疑いで、指定暴力団山口組系組幹部、須田洋輔容疑者(42)=同=を逮捕した。同署によると、須田容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べによると、須田容疑者は1月8日午前9時ごろ、工事を担当する建設会社(江東区)の社員4人を遊園地近くの自宅に呼び出し、小指がない左手を見せながら「朝からガンガンやられたら寝ていられない。俺は名刺を渡せない」などと現金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 同署によると、須田容疑者は菓子折りを差し出した社員に「小判じゃないの」と現金を要求していた。

 調べに対し、「交渉前に『暴れん坊将軍』で悪代官が小判を要求している場面を見て、影響された」と供述しているという。

 1月中旬に社員が同署へ相談していた。

【関連記事】
幼稚園の目の前に暴力団事務所 北九州市
「おれはヤクザだ」名乗る新手の振り込め詐欺 成功率向上狙う?
違法風俗店の巧みな営業戦略 1万7000人分“好み”を徹底管理
賭けの対象は「球児の熱戦」 賭博場を開いた組幹部ら逮捕 警視庁
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
20年後、日本はありますか?

<交通事故>「ロバート」の秋山さんが軽いけが 東京(毎日新聞)
首相、普天間で沖縄への説明「遠くない時期」(産経新聞)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
MEGUMIが運転中に人身事故、けがなし 東京・渋谷(産経新聞)
<訃報>西島大さん82歳=劇作家、「嵐を呼ぶ男」脚本(毎日新聞)

来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の先進医療専門家会議(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は3月3日、同会議や中央社会保険医療協議会(中医協)の審議結果を受けて、来年度も第2項先進医療として継続することとなった86技術の施設基準の見直しなどを検討した。厚労省は、4月の診療報酬改定に合わせて3月末に新しい基準を告示する。

 今年4月の診療報酬改定では、同会議や中医協での審議の結果、第2項先進医療103技術のうち、12技術の保険導入と6技術の削除が了承され、86技術が来年度も先進医療として継続することになった。103技術のうち1技術は、一部が保険導入され、残りが先進医療として継続する。

 3日に厚労省が提示した案によると、見直しは▽積極的に普及を促進すべき技術について、一部の施設基準を緩和する▽重複すると考えられる要件を一本化する▽関連学会が策定した指針等の遵守を要件化する▽分野の類似した技術間で施設基準を比較し、適宜、整合性を取る―などの方針に沿って進める。

 厚労省の説明によると、例えば「ミトコンドリア病のDNA診断」などの現行の要件では、「遺伝カウンセリングの実施体制を有していること」としているが、修正案ではこれに「神経疾患の遺伝子診断ガイドライン2009に準拠していること」などを加える。


【関連記事】





路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も-東京(時事通信)
証人尋問3時間朗読、裁判員「長かった」(読売新聞)
赤坂被告に懲役2年求刑=元光GENJI、覚せい剤使用認める-千葉地裁(時事通信)
東京・江戸川の児童虐待「適切に対処できず」 区が事件報告書(産経新聞)
阿久根市長、議会出席を拒否=「マスコミへのお仕置き」と-鹿児島(時事通信)

男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体-奈良県警(時事通信)

 1日午前6時10分ごろ、奈良市大安寺町のスーパー銭湯「極楽湯」の駐車場で普通乗用車が燃えているのを、男性客が発見し、119番した。火は10分後に消し止められたが、車は全焼。運転席から男性の遺体が見つかった。奈良県警によると、車は県警の男性警視(55)の家族が所有、警視と連絡が取れなくなっていることから、遺体はこの警視の可能性が高いとみて、身元の確認を急ぐ。
 県警によると、遺体は運転席のシートに座った状態で見つかり、全身が激しく焼けていた。車内に灯油がまかれた跡があり、焼身自殺を図ったとみられるという。 

【関連ニュース】
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件
知人男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷
中3生ら連携し、女児2人救出=民家火災、下校途中に
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災

<ソ連抑留>新たに死亡者119人を特定 ロシア資料から(毎日新聞)
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
<宮崎・家族3人殺害>「自由なくストレス」/奥本容疑者「義母に反抗できず」(毎日新聞)
小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」?(J-CASTニュース)
<恐喝>小6男児3人、同級生から現金脅し取る 愛知(毎日新聞)

設備投資、17.3%減=10~12月期の法人企業統計-財務省(時事通信)

 財務省が4日発表した2009年10~12月期の法人企業統計によると、金融機関を除く全産業の設備投資額は前年同期比17.3%減だった。四半期ベースで11期連続の減少。経常利益は102.2%増と、10期ぶりの増益になった。 

【関連ニュース】
竹中工務店、連結営業益14.9%増=不採算工事が一巡-10年12月期予想
正興電機製作所、10年12月期増収増益予想
ブリヂストン、10年12月期純利益450億円=原材料価格上昇を稼働率でカバー
グリーンランドリゾート、10年12月期営業益1.6%増=ホテル事業回復見込む
全行で収益改善=新規参入銀の4~12月期

岩手・久慈で最大波90センチを観測(産経新聞)
原中氏が選対事務所開き―日医会長選(医療介護CBニュース)
囲碁「女流名人戦」開幕(産経新聞)
<雑記帳>「伝説のあやめ」新種と判明 北九州(毎日新聞)
森光子さん「放浪記」公演中止=健康上の配慮から(時事通信)

シュワブ陸上案に反対=福島担当相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は26日午前の閣議後の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)に移設する案を検討していることについて「海をつぶさないという面はあるが、沖縄の人たちからすれば、国外・県外にしてほしいという思いと反する。内閣としては、その思いをしっかり重く受け止めるべきだ」と述べ、反対する考えを重ねて示した。
 一方、シュワブ陸上案を主張する国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は会見で、「うちが言っている案は、子どもが考えても落ち着く案だ。当たり前のことを言っている」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

<鳩山首相>官房機密費の透明化図りたい 参院予算委で答弁(毎日新聞)
<枝野行刷相>官庁活性化に政策提案募集へ 全職員対象に(毎日新聞)
<子宮頸がん>ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え(毎日新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
<性同一性障害>深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で(毎日新聞)

<宙の会>1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え(毎日新聞)

 公訴時効の撤廃・停止を求めて結成された「殺人事件被害者遺族の会」(宙<そら>の会)は28日、東京都千代田区の上智大学で結成1周年集会を開いた。法相の諮問機関・法制審議会が殺人罪の時効廃止を答申しているが、遺族は改めて時効廃止への思いを訴えた。集会での決議文は3月中旬、賛同する署名を添えて、千葉景子法相に提出する。

 会には現在、22事件の遺族が参加する。集会では上智大生殺害事件(96年9月)で次女を失った小林賢二・代表幹事(63)が「答申内容に基づき、一日も早い法案の成立を切に望みます」と決議文を読み上げた。長女を殺害され05年に時効が成立した札幌市の生井澄子さん(73)は「時効が成立した時の無念さを理解してくれる輪が広がった。もう一押し頑張りたい」と語った。

 議論は国会に移ることから、福岡市老夫婦強盗殺人事件(01年2月)で両親を失った藤堂早苗さん(54)は「国会議員は時効廃止運動の流れを勉強し、遺族の生の声をもっと聞いてほしい」と述べた。愛知県豊明市母子殺害事件(04年9月)の遺族、渕村信子さん(71)は「娘と孫3人を一度に亡くした時から心の時計は止まったが、宙の会に入り、その時計が少しずつ動いている感じがする」と涙で言葉を詰まらせた。【山本浩資】

【関連ニュース】
<特集>忘れない 「未解決」を歩く
<特集>「時効」よ止まれ
公訴時効:殺人での「廃止」などを法相に答申 法制審
殺人時効:ひき逃げ死亡遺族からは不満の声
時効廃止:「被害者増の抑止力に」妻殺害された会社員期待

「一つの大阪へ第一歩」橋下党、4月旗揚げへ(読売新聞)
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら(産経新聞)
中日投手・ネルソン容疑者送検、釈放で捜査継続(読売新聞)
玉掛け
両陛下、3月に京都へ 学会などご出席(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。