スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<谷垣総裁>「気迫持って迎えたい」党首討論に決意(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は30日の党役員連絡会で、31日に行われる鳩山由紀夫首相との党首討論について「前面に立って、気迫を持って迎えたい」と決意表明した。谷垣氏は2月の党首討論で首相を追い込めず、与謝野馨元財務相らによる執行部批判が相次ぐ結果になった。今回は首相らの「政治とカネ」の問題に加え、米軍普天間飛行場移設問題や郵政改革案を巡る閣内対立など攻めどころはたっぷり。直後の4月1日から3日間、党両院議員懇談会も控えるだけに、同じ失敗を繰り返せない悲壮感をにじませた。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民党:谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否
谷垣総裁:参院選に進退かける 党会合で「私の正念場だ」
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感

長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
日立製作所、自治体向けのクラウド事業強化(産経新聞)
築地市場の移転関連予算、予算特別委で可決(読売新聞)
アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)

普天間移設 「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談した。北沢氏は「分散移転でいろいろな案を考えている。沖縄の負担が実感として減ったというものを作りあげたい」と述べた。米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合への移設案に加え、訓練や基地機能の一部を徳之島(鹿児島)など県外に移転する案を組み合わせる考えを示したものだ。また会談で北沢氏は、シュワブ沿岸部へ移設する現行計画について「極めてゼロに近くなってきた」と述べ、事実上断念することになるとの見通しを表明した。

 北沢氏は知事に対し、シュワブ陸上部に500メートル級の滑走路を移設する案を説明した。県幹部は「分散移転は暫定的な措置だ。普天間の機能は当面残ると思う」と指摘した。

 会談後、北沢氏は記者団に分散移転の時期について「全部片付いたら普天間から移設ということでなく、徐々に地域も分散する」と述べ、移転可能な部分から速やかに進める考えを明らかにした。

 岡田克也外相は同日朝、東京都内の外務省飯倉公館でルース駐日米大使と会談。(1)シュワブ陸上案に500メートル級滑走路を建設(2)ホワイトビーチ沖合の2案に分散移転を組み合わせる考えを伝えたとみられる。【三森輝久、仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:県内2案提示へ 一部「県外」とセット
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
10年度予算:今夕に成立…参院委可決
普天間移設:「県外あきらめていない」…参院委で首相

群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)
<九州自動車道>自転車で疾走1.5キロ…大学生が誤進入(毎日新聞)
31日に党首討論決定(時事通信)
「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯-法務省(時事通信)

元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)

 福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手に計約3億4800万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日午前、福岡地裁(高野裕裁判長)であった。今林被告側は「事故原因は飲酒ではなく脇見で、被害者側にも過失があった」などとして請求棄却を求めた。
 訴えでは、今林被告のほか、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、事故や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する慰謝料などを請求。飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めた。
 答弁書によると、今林被告は「飲酒により正常な運転が困難な状態ではなかった」と主張。知人男性も「人身事故とは認識していなかった」などとしている。 

【関連ニュース】
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
旧特定局長を経営幹部に=郵政再編で-亀井担当相(時事通信)
「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)
奈良5歳男児餓死 両親を起訴 「認否」は明かさず(産経新聞)
【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)

伊能忠敬の測量器具、国宝に…文化審答申(読売新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は19日、奈良時代の東大寺領荘園を描いた絵図「越中国射水郡(いみずぐん)鳴門村墾田図(麻布)天平宝字三年十一月十四日」や、江戸時代後期の測量家・伊能忠敬(1745~1818年)が制作した地図や測量器具などを含む「伊能忠敬関係資料」の2件を国宝に、歴史画を得意とした日本画家・前田青邨(せいそん)(1885~1977年)が描いた「洞窟(どうくつ)の頼朝」など38件を重要文化財に指定するよう文部科学相に答申した。

 また、高知県安芸市にある三菱創業者・岩崎彌太郎(やたろう)(1835~85年)の生家「岩崎家住宅主屋」など21都府県にある139件(52か所)の建造物と美術工芸品1件を登録有形文化財に登録するよう答申した。

 「越中国射水郡鳴門村墾田図」は、現在の富山県高岡市にあった東大寺領の荘園の土地開発状況を詳細に記した絵図で、759年に作成された。正倉院宝物の絵図と比べても保存状態が良好で、作成当初の状態を残している。

 「伊能忠敬関係資料」は、全国を高い精度で測量し、正確な地図を作成、国土の形状を明らかにした伊能忠敬の事績に関する2345点の資料群。

「トルコ建国の父」の銅像移転=野ざらし批判、修復され和歌山に(時事通信)
<センバツ>第1日(21日)の見どころ(毎日新聞)
三崎事件 血痕のDNA型鑑識へ(産経新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)

<お別れの会>村松巌さん=4月5日、仙台勝山館で(毎日新聞)

 村松巌さんのお別れの会=元七十七銀行頭取・11日死去=4月5日正午、仙台市青葉区上杉2の1の50の仙台勝山館。主催は七十七銀行。喪主は妻信子(のぶこ)さん。

<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
<普天間移設>政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
<訃報>中野寛孝さん90歳=アイカ工業元社長(毎日新聞)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。